スキンケアで美肌ママ
  • HOME >
  • 気がつけばアラサーになっていて、しごともあれこれ

気がつけばアラサーになっていて、しごともあれこれ

気がつけばアラサーになっていて、しごともあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見て悲鳴を上げそうになりました。



目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのかはっきり映っていました。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、肌のためにできることをして、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。
お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。シミの正体は、表皮に現れたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。肌のターンオーバーを促進することでシミの軽減が期待できるのですが、家庭やクリニックでピーリングをおこない、古くなった角質を除去すると、さらにその効果が期待出来ます。でも、ピーリングで角質を落としすぎると肌に負担をかけてしまうでしょう。
健康維持を目的として喫煙習慣を止める方が多くなってきましたが、喫煙習慣を断つことというのは、実はお肌にも大変好影響を与える事になります。
タバコを吸うという行為によって、美肌をキープするのには絶対に必要なアスコルビン酸(いわゆるビタミンC)を、大量消費するのです。要するに、喫煙は、シミやくすみなどといった、肌のコンディション悪化の根源ということになります。


「肌の調子がよくなり綺麗になったきっかけが禁煙」というのも、禁煙成功者から多く聞かれる声であり、皆様実感されていることなのです。



美しい肌に変わることは多くの人の話題に上りますが、美肌になる方法は、日進月歩で進化しており、新たな方法も生まれています。



近頃は美肌アイテム(ファッションについて話す時に出てくることが多いワードではないでしょうか)がたくさん登場していて、たとえば、サプリメントの中でもシミ改善の効果が謳われたものが好評のようです。



スキンケアの手間はそのまま、毎日飲み続けるだけで美肌効果が得られるお手軽な方法が人気の決め手のようですね。


皮脂が過剰気味な肌の場合、肌全体に水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)が行き届いているように見えますが、実は潤ってはいない状態、というケースが多々あります。
肌の潤い不足が肌に出ていないのは、オイリー気味の肌は皮脂の分泌が過剰気味に実行されているので、外からの乾燥だけは防げる傾向にあるためです。
しかし、肌のトラブルを引き起こすのはこの皮脂ですから、顔を洗うことで、適度に除去する必要があります。


毛穴などが目たたないきれいな肌を保つには保湿することがすさまじく大切になります。



特に乾燥しやすい肌の方は基礎化粧品はしっかり保湿してくれるものを選んで乾燥しないようにきちんと保湿してあげましょう。



洗顔で汚れをきちんと落としたらできるだけ早く化粧水で保湿して、次に乳液やクリームで保湿しましょう。
肌のエイジングケアの大敵である乾燥。

真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、時節の変わり目には気をつけている人は多いようです。特に影響が出やすいのは目の周囲で、皮脂の分泌量が少ないためシワの元になる細かいヨレが出てきたり、アレルギーやあとピー体質の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげてください。
私の場合、皮膚科で教えてもらったのですが、天然オイルで保湿をしっかりおこなうことで肌トラブルを未然に防ぐことができるそうなので、目元にもオイルトリートメントをぜひ試してみてください。


肌に浸透して肌をふっくらさせるタイプ、肌の上でバリヤーになって水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を保持するタイプがありますから、しっとり、サラサラなど、好みに応じて選べば良いでしょう。

年齢にふさわしい美しい表情を身に着けたいと思う女性は多いものですが、それには素肌年齢も考慮しなければなりません。

肌はただ年齢によって老化するのではありません。紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。



シワの原因をシャットアウトするのが大切です。具体的には日焼け止めの利用が挙げられます。さらに日傘、帽子(バイザー)などを活用して通年にわたり防御しましょう。

また、日光に長時間晒された場合はなるべく早く肌を冷やして保湿機能のある化粧水やジェルなどでお手入れし、気になるシワ、しみを防ぐようにしましょう。



肌の劣化防止に役立つはずです。


皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。大切な毛細血管なんですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、真皮もその機能を落としてしまいます。こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいるので、シワ、たるみが増える理由です。
喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙を御勧めしたいところです。

センシティブスキンなので、ファンデーションのチョイスには気を使います。刺激が激しいものだと細かい発疹が出来てしまい、いち早く痒くなるのです。なので、必ずカウンターでサンプルをもらってテストしてから購入するようにしています。直近にかったクリームファンデーションは肌にお誂え向きのようですが、今後もしっかりと試して買いたいと考えています。


関連記事はコチラ

メニュー